紅葉

12月に入りました。

2017年も残り1ヶ月(+_+)

何かと忙しくなる年末です。

そんな中で、弊社近くの神崎小学校の「もみじ」が

きれいに色づいていたので、思わずパシャリ

20171130_121626

残り1ヶ月、来年に持ち越すことの無いようできることは今年の内に…

 

耐震診断

広島県では、大規模地震時に通行を確保すべき道路として広域緊急輸送道路を指定し、

当該道路に敷地が接する一定の高さを超える建築物に「耐震診断の実施及び診断結果の報告」が義務付けられました。

そして、その建築物に弊社自社ビルの「大起ビル」も該当しました。

そこで、書類が届いた6月頃から書類を作成したり、届出をしたりと、いろいろな準備を始め、

ついに、コア抜き作業が始まりました。

各階3か所づつコア抜きをし、検査機関で強度を測定するそうです。

IMG_3499

 

 

 

 

 

IMG_3506

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あちこちにぽっかり空いた穴・・・

IMG_3518

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは穴の中にコンクリートを詰め込んで、

 

IMG_3514

 

 

 

 

 

 

クーラースリーブをはめたら完了!!

事情を知らずに見ると、なんであっちもこっちもクーラースリーブ???て感じです。

さて結果はどう出るか?

 

 

 

 

白滝山

標高227メートルの白滝山は、因島村上水軍6代当主村上吉充が観音堂を建立し、文政10年柏原伝六とその弟子達によって造られた700体の石仏がところせましと並んでいる。頂上からの展望は素晴らしく、歌人吉井勇は「白滝の山に登れば眼路広し 島あれば海 海あれば島」と詠んでいます。 白滝山と除虫菊の風景は「にほんの里100選」に選定されています。 (引用)

もっと近くに駐車場があることを知らず……ひたすら歩くこと40分

近くに車を止めた人たちとすれ違い、ようやく山頂へ(‘;’)

20170923_154417

 

 

 

 

 

 

たくさんの仏像を拝みつつ上っていくと壮大な景色

20170923_16112320170923_161003

そして、展望台へ…

20170923_16162720170923_161634

因島大橋を遠くに眺め、しんどい思いをして頑張って上った人だけが見ることのできる景色。

歩くのはつらかったけど、心は爽快でした。

ガンダム

岡山県「久米の里」

トイレ休憩に寄った道の駅で、ガンダム発見(@_@;)

 

20170923_102908

久米町宮部下在住の中元正一氏(1964年生まれ)が、自ら設計図を書き

独力で制作したもので、機体は鋼製内部骨格、外装は繊維強化プラスチック製、

脚部は動かせるように油圧シリンダー等が組み込まれています。

コクピット内に人が乗り組み操作できる二足歩行型有人汎用機械として、

約7年の制作期間を経て1999年12月に誕生したものです。

全高 7.0m   重量 2t

全幅 3.5m   乗員 1名

(現地案内板より引用)

 

近くで見ると、結構大きくて立派なものでした。

ただ、少し残念なのが、屋根があるのは良いのですが、お顔がどうしても暗くなって見えにくいことでした。

 

久米の里=津山=ホルモンうどん

ということで、当然、頂きました。

20170923_104241

 

ひまわり

 

 

世羅高原農場の「ひまわり祭り」

まず、入口にひまわりタワー

DSC_0444

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一面上から

DSC_0464

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下から
DSC_0462

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと変わったのや

DSC_0459

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八重のものも

DSC_0440

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手前の紫はサルビアとのことです。(珍しい)

DSC_0449

 

 

 

 

 

 

 

 

お気に入りの花を見つけて、摘み取ったり(有料) ひまわりの迷路や

ストラップづくりなどもありました。

朝採れの「トウモロコシ」 買って帰り、早速“チン”して頂きました。

こつぶでしたが、とても甘くて、おいしかったです。

今年のひまわり祭りは終了したようですが、また来年に期待します。

9月からは「ダリア祭り」が始まるようなので、そちらも楽しみ…

花火大会

岩国錦川の祭典 花火大会

毎年行っております。

ここの花火大会にはまったのは、アナウンスの方のキャラクターに惹かれました。

花火大会で、提供者の紹介ってあまり聞いたことなかったので、初めは“えっ”て感じでしたが、

アナウンスの方の個性豊かな紹介の仕方にはまってしまいました。

けむり充満により、少し待機…のアナウンスも独特です。

興味のある方は来年、ぜひ…(^_-)

DSC_0445 - コピーDSC_0446 - コピー (2)花火の写真ってうまく撮れない…

タイミングが難しいんですよね(>_<)

うまく撮れる方法ご存知の方はぜひ教えて下さい。

 

公衆電話…その後

弊社近くの公衆電話…以前、車がぶつかりかわいそうな姿になっていましたが、無事に撤去され

新しく生まれ変わりました。

DSC_0419  

DSC_0436公衆電話を使うことは少なくなり、使い方がわからない若者まで…

そんな中、撤去されたままではなく、生まれ変わってくれてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

コスタ・アトランティカ

博多港国際ターミナルに停泊していた豪華客船

車中から見かけて、急いでシャッターを切ったので、ピンボケ(+_+)

コスタ・アトランティカという船らしいです。

DSC_0415

大きなマンションが移動しているみたいですね。

いつか……

一度は乗ってみたいものです。

 

 

祐徳稲荷神社

佐賀県 祐徳稲荷神社

貞享4年(1687年)肥前鹿島藩主鍋島直朝公の夫人花山院萬子媛が、朝廷の勅願所であった稲荷大神の御分霊を勧請された稲荷神社で、衣食住の守護神として国民の間に篤く信仰されております。
日本三大稲荷の一つに数えられ商売繁昌、家運繁栄、大漁満足、交通安全等種々の祈願が絶えず、参拝者は年間300万人に達しています。御本殿、御神楽殿、樓門等総漆塗極彩色の宏壮華麗な偉容は、鎮西日光と称され、観光ルートの上にも一異彩を放っています。 (祐徳稲荷神社公式サイトより)

 

 

DSC_0407

朝、8時半ごろ到着。

徒歩1分の所に駐車場があると知らず… 参道商店街を5分くらい歩き、入口へ…

豪かな装飾ときれいな朱色の門をくぐり中へ

DSC_0408DSC_0409

右手に本殿・・・・立派で、圧倒されます。

階段を上がっていざ本殿へ→

下から見るより割とすんなり到着

参拝を済ませ、下の景色を堪能・・・

奥ノ院へ続く道がありますが、そこは…見上げて心の中で参拝

春の桜や、秋の紅葉の時期はまた違った景色が見られるようです。

次は秋に行ってみたいなぁ

 

 

公衆電話

最近なかなか見かけなくなった公衆電話ですが、会社近くに一つだけありました。

携帯電話の普及で、公衆電話を使う人も少なくなったのでしょうが、ここの電話は

時々使っている人を見かけていました。

年配の方や、若い方も時々…

携帯・スマホ忘れたり、落としたり、もともと持っていなかったり、と

そんな時は公衆電話探しますよね。

携帯電話がない頃は、ほとんどの電話番号を覚えていましたが、今ではさっぱり…

10代、20代の前半位の方たちはテレホンカードの存在も、使い方も知らないとのこと。

使用頻度は減っているでしょうが、公衆電話なくなると、とても不便になる人もいるのでは?

 

…と、会社近くの公衆電話ですが、こんな姿に((+_+))

DSC_0419

 

車が突っ込んだみたいで、ガラスがボロボロに砕けていました。

縁石や防音壁には損傷はなかったようで、電話ボックスだけが

無残な姿に…

運転していた方にケガはなかったようです。(^O^)

このボックス、今後撤去されるのか、新しくなるのか

どうなるのでしょう?